自治体の導入メリット


 

 
 
■自治体の導入メリット

●予算編成がしやすいリース方式
予算編成がしやすいリース契約で導入することができます。(購入やレンタルでの導入もできます。)
●使用中の機器はそのままで交換導入が可能
通報センター装置は他社製通報装置からの通報も受けられますので、現在使用中の機器はそのままで、段階的に入れ替えることができます。(通報センター装置については無償貸与制度があります)
●予算編成がしやすい定額業務契約
予算編成がしやすい定額業務契約が便利です。
●施工は申込後、原則10日以内
お申込後、撤去を除いて原則10日以内に施工します。
●利用者・機器の管理は不要
電池交換の時期等、管理は当社が行いますので、ご安心ください。
●確保が難しい通報協力者は不要
機器を改良し誤報が減った結果、消防署の受信業務の軽減につながったため、誤報対策としての通報協力者の必要性はほぼなくなりました。
●24時間・365日、見守ります
24時間・365日、人感センサーで利用者の生活サイクルを見守りますので、孤独死の防止に役立ちます。
●回線変更等を早期発見する機器点検コール
ご希望のサイクルで利用者に電話をかけ、電話回線の変更等を早期発見する機器点検コールを実施しています。

 
 

 

 


 
 

 

本サイトはSSL通信で暗号化されています。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール