地域支援事業・地域包括ケアシステム

地域支援事業・地域包括ケアシステム
 
 
今後の地域支援事業と地域包括ケアシステムの主体は消防署と定期巡回・随時対応型介護看護事業者です。
通報受信は定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者が主体です。
 
現在、全国の市区町村は厚生労働省の政策である地域支援事業と地域包括ケアシステムの構築を推進しています。この政策は高齢者が生涯自宅で暮らせるように、急病・事故等の緊急時、相談・介護等の要請時や安否確認の必要時にいつでも対処できる見守り体制を市区町村ごとに構築することが目的です。
今後、すべての見守り体制を構築するには警備会社や受信センターではなく、地域の消防署、地方公共機関、介護事業者や医療機関と連携できる定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者が主体になります。

 
そこで定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者様に、多数の取引先自治体様と消防署様との20 年間にわたる業務実績によってシステムとノウハウを構築した弊社との協働をご提案させていただくことにしました。
 
 
 

 

 
 

 

本サイトはSSL通信で暗号化されています。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール